中国研究U

[科目の説明]
「中国研究」は、中国に関心を抱き、中国をもっと知りたい学生を対象とする講義である。いまや世界の人口の四人に一人は中国人であると言われる。しかし「中国」は政治的概念であると同時に文化的概念でもある。「中国人」には、中華人民共和国の国民、中華民国の国民、香港及び澳門特別行政区の市民、さらに中国国籍は有さないが、世界各地に散らばる華人が含まれる。本講義は、「文化的中国」と「政治的中国」の認識に努めることによって、今日の東アジア政治及び国際関係に対する理解力や分析力を高めることを目的とする。

[講義概要]
講義題目:中国系の人々
「「中国研究U」は大陸中国人と違う道を歩んできた台湾、香港・澳門、華僑華人の人々についての基礎知識を学ぶ。さらに、ダイナミックに展開する国際関係の中で、中華人民共和国と、民主化を推し進めてきた台湾と香港や、世界各地に重要な経済的勢力を広げている華僑・華人との複雑な絡み合いを分析する。

[授業計画]
1. 日本植民地としての台湾
2. 開発独裁:蒋介石時代
3. 台湾の民主化:蒋介石と李登輝
4. 国民党と民進党の政権交代
5. 新しい中台関係
6. 東と西が出会う澳門(マカオ)
7. アヘン戦争と英領香港
8. 避難民と経済成長
9. 香港人の政治的覚醒
10.「香港返還」とその後の中港関係
11. 中国人海外移住の経緯
12.変容進む華僑・華人社会
13. 改革開放と華人ネットワーク
14. グローバリゼーションと中国

[授業方法]
授業は講義方式で進めるが、内容に関する質問には授業中随時応じたい。またビデオなどの視覚的な教材を補助的に使いたい。

[成績評価の方法]
(1)数回の予告なし小テスト(2)期末試験によって行う。

[教科書・参考書]
小島朋之『中国現代史』中公新書 1487
ト照彦『香港・台湾・大中国』時事通信社
岡部達味編著『中国をめぐる国際環境
游仲勲編『21世紀の華人・華僑:その経済力が世界を動かす』ジャパンタイムズ
若林正丈『蒋経国と李登輝:「大陸国家」からの離陸?』岩波書店
岡部達味『グレーター・チャイナの政治変容』勁草書房
毛里和子編『現代中国の構造変動1:大国中国への視座』東大出版会
毛里和子編『現代中国の構造変動7:中華世界--アイデンティティの再編』東大出版会

戻る